日本システム企画(株)トップページ
『配管』への赤錆・赤水防止延命工法の比較
業界で唯一特許を取得した『NMR工法』とは
『NMRパイプテクター(R)』、『ニューウォーターマックス』製品案内
お近くの物件にすでに導入されているかもしれません、国外への導入実績
製品設置・導入までの流れ
二酸化炭素排出に関して、記事、比較など
当社製品の資料請求
お近くの販売店を検索
ニュースリリース
当社製品へのご質問をまとめています
会社概要・代表ご挨拶
国内・国外への社会貢献を行っています
弊社へのお問合せ

水中の自由電子(水和電子)で電気防食を行う世界で唯一の装置『NMR工法』
『NMR工法』は、磁気装置ではありません

『NMRパイプテクター®』は、
イギリスで唯一の配管内防錆装置として普及
(イギリスでは効果の無い製品を販売することはできません)しております。

日本特許取得(第3952477号)
EU特許取得(No.1634642)

米国特許取得(No.7622038)
国交省 新技術活用システムNETIS登録技術(KT-100072)
2010年注目企業 イノベーションズアイ
Fun to Share 環境省Co2削減活動

日本赤十字へのリンク
当社は[日本赤十字社]の活動資金援助・協賛広告を行っております。
なぜ40年以上も『配管』延命が可能なのか
ホーム配管防錆工法の比較製品情報よくある質問導入実績マンションへの導入資料請求
構成後方の中でも『NMR工法』は、ダントツに配管を耐久させる、『NMR工法』は、水の自由電子(水和電子)を放出させる、画期的な電気防食技術です。

25年以上経過し、老朽化した『配管』でも遅くはない!
“赤水防止”などの“赤水対策”、“漏水”、“詰まり”などを『配管』を強化することによる配管更生など期待できるほか、効果保証※の自信があります。

※使用するの水量が一定以上などの条件がございます。

今、注目の『配管』を取り替えずに更生する、『配管』寿命を伸ばす工事。
しかし〔こちら〕のページにある比較表でも述べているように、
どちらも『配管』の老朽化は止められないことが分かっています。

一般的な電極を挿入する方法は、配管内全体をカバーできない為、
欧米では使用されていません。

配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく


『NMRパイプテクター®』は、水和電子が凝集の内側にある大きな水の凝集を、水和電子が凝集の外側に出てくる小さな水の凝集体に変え、その水が運動する事によって水和電子が剥離放電して水の小さな凝集状態を6時間以上維持し、『配管』の赤水および赤錆防止とする技術(装置)です。


従来の水の凝集を細分化する技術、例えば超音波による水の凝集を小さくする方法は、一時的に効率よく最高の能力で水の凝集を細分化し、水蒸気の状態まで出来ますが、その小さな凝集はその装置通過後はすぐ水分子の中の水素がプラス、酸素がマイナス帯電している為、プラスとマイナスが引き合い、即座に再凝縮して大きくなります。
それ故、水和電子の放出ができず、防錆装置としては使用できません。
なぜなら、水中の還元性の高い水和電子は液体状態の大きな水の凝集体では凝集の内側に存在してしまう為、水が運動しても剥離放電しません。

唯一、水和電子が水の運動中に剥離放電する状態は、水の凝集が極めて小さい場合のみ水和電子は凝集の外側に位置し、それが運動した場合に限られます。
このことは、約50年前に米国において沸騰水型の原子力発電所の冷却管が鉄製にも係わらず、内部腐食が発生してないという現象からその腐食を防いでいる原因物質として水中の水和電子が発見され、その効果が認められたのです。
同様な現象は、水蒸気が流れている『配管』内部は腐食が無いということでも知られています。
なぜなら、水蒸気の水の凝集は最小で水和電子が外側に位置し、水蒸気が運動すると水和電子が放出される為です。
また、水蒸気が大きな凝集の液体になる戻り『配管』内部は、赤錆の発生する事でも証明されています。
雷放電も雲という小さな水の凝集が運動する事による水和電子の放出になります。

超音波以外の方法で水の凝集を切って凝集状態を小さくする工法、例えば電気を直接水に流し水の凝集を小さくする工法(電子場処理)、それと類似でより弱い誘導電流を発生し利用する磁気工法(永久磁石使用及び、コイルを巻いた電磁石)でも結果は同様で、これらの装置で水の凝集を小さくしても装置通過後、すぐにその水の凝集は元の大きな凝集に戻る為、水和電子の剥離放電は水を運動させても発生しません。
それ故、これらの装置は防錆装置としては機能を発揮しません。

唯一、
『NMR工法』のみが装置を通過した水が6時間以上、その水の水素核のNMR共鳴現象が続く為、その間水の凝集は小さい状態を保ち水和電子が凝集の外側に位置し、圧送ポンプや高架水槽からの落下エネルギーで水が運動する事により水和電子が放出され、その『配管』内の腐食劣化を完全に防止できると同時に、既に発生している赤錆を不動態の黒錆に変え配管を赤錆より保護40年以上『配管』を延命出来るのです。

※水和電子に関して、科学雑誌「SCIENCE」に掲載された論文概要は〔こちら〕へ
【参考文献】

1)J.R.R.Verlet, A.E.Bragg,  A.Kammrath,O.Cheshnovsky, D.M.Neumark
「Observation of Large Water-Cluster Anions with SurFace-Bound Excess Electrons.」
SCIENCE Vol.307(2005.01.07)

2) Katsuyuki Kumano , Tomoya Ichikawa
「Anti-corrosion technology for inside of a water supply steel pipe by NMR phenomenon.」
第13回アジア太平洋地域防錆学会国際会議発表論文 大阪大学にて(2003年11月)

3) Katsuyuki Kumano , Shinichi Iwaya
「『配管』を延命する『配管』更生技術」(社)日本防錆技術協会
防錆管理 Vol.49,No.10 発表論文 (2005年10月1日)

▲ topへ戻る
配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく

「NMR工法」の『NMRパイプテクター®』は配管内の腐食を防止し、
配管を長期間耐久させる技術です。

配管の腐食防止効果を目的とし、導入した物件一例


※詳細な事例、海外導入事例、
新聞・雑誌等の取材記事などが掲載されたパンフレットをご希望の方は、
こらちからお問合せください。

配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく

お問い合わせは、お電話でも承ります。お気軽にご連絡くださいませ。(フリーダイヤル)0120-320-390 営業時間:月~金 9:00~17:30※対応は月曜日から金曜日の営業時間内にさせて頂きます。


よくあるご質問『NMRパイプテクター®』製品情報導入までの流れ

『NMRパイプテクター®』は、日本、欧州(EU)各国、韓国にて特許取得済み、
アジア太平洋防錆学会」、「(社)日本防錆技術協会」に対して論文も発表し、評価を得ています。
  • 日本特許:第3952477号
  • EU特許:No.1634642
  • 韓国特許:第436113号
  • 香港特許:No.HK1087963
  • 米国特許取得:No.7622038
  • 第13回アジア太平洋防錆学会 国際会議での論文
  • (社)日本防錆技術協会へNMR工法の論文
現在イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが唯一、防錆装置として販売を許可されております。
イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが配管内赤錆防止装置として採用されております。
理由としては、イギリスでは効果のない装置販売には、詐欺罪が適用される為です。
イギリスは、日本以上に建物の老朽化で赤錆を止められずに難航・困窮しておりますが、過去10年間において防錆装置の販売がありません。

▲ topへ戻る


配管更生法の比較Q&Aサイトマップ資料請求お問合せお知らせ会社概要個人情報保護利用条件相互リンク誹謗中傷について
マンションの給水管赤錆・赤水対策に 比較してください。マンションの大規模修繕で、給水管更新工事は今後建物寿命まで不要に
設備設計・建設関係者へ 空調配管、給水管を建築資材高騰・高額なステンレス管が不用で耐食配管に
病院経営に朗報。空調配管、給水管、給湯管取替え不要で病院の設備費用削減に

NMRパイプテクター®各種効果配管の防錆と延命について水道管内の赤錆劣化はNMRパイプテクター®により完全防止、水道管は40年以上延命可能にマンション修繕工事(給水管更新)の費用が大幅に削減できる方法とは配管洗浄が不要に。給水管や排水管の配管洗浄を装置で解決水道配管の赤錆・赤水防止マンションの給水管修繕について給水管内に発生する赤錆とぬめりを完全に防止する建物内の配水管は赤錆により劣化。NMRパイプテクター®で配水管内の赤錆は完全に防止配管設計で大幅コストダウン出来ます配管設備を100年以上延命の革新的新技術NMRパイプテクター®配管設計にて大幅にコストダウンが可能です従来の配管更生工事に伴う問題給水管における従来の赤水対策方法各種より、効果的な赤水対策方法劣化した給水管から流れ出る赤水の問題配管の腐食防止について従来の配管更生工事とは従来の配管更生方法に比べ、効果的な配管更生方法とは赤水は給水管の赤錆が原因で発生。給水管の赤錆を防止すると赤水は解消する建物内の水配管は、建物寿命まで条件次第で100年でも延命できる配管工事を不必要とするNMRパイプテクター殆どのマンションコンサルタントも知らない?マンション大規模修繕の費用が大幅に削減できる方法とは安全性に関する参照リンクリンクモスト
    Copyright (C) 2008 日本システム企画(株)All Rights Reserved.