日本システム企画(株)トップ
なぜ40年以上も『配管』延命が可能なのか
『配管』への赤錆・赤水防止延命工法の比較
業界で唯一特許を取得した『NMR工法』とは
『NMRパイプテクター(R)』、『ニューウォーターマックス』製品案内
お近くの物件にすでに導入されているかもしれません、国外への導入実績
製品設置・導入までの流れ
二酸化炭素排出に関して、記事、比較など
当社製品の資料請求
お近くの取り扱い販売店を検索
ニュースリリース
当社製品へのご質問をまとめています
会社概要、代表ご挨拶
国内・国外への社会貢献を行っています
弊社へのお問合せ

水中の自由電子(水和電子)で電気防食を行う世界で唯一の装置『NMR工法』
『NMR工法』は、磁気装置ではありません

『NMRパイプテクター®』は、
イギリスで唯一の配管内防錆装置として普及
(イギリスでは効果の無い製品を販売することはできません)しております。

日本特許取得(第3952477号)
EU特許取得(No.1634642)

米国特許取得(No.7622038)
国交省 新技術活用システムNETIS登録技術(KT-100072)
2010年注目企業 イノベーションズアイ
Fun to Share 環境省Co2削減活動

日本赤十字へのリンク
当社は、[日本赤十字社]の活動資金援助・協賛広告を行っております。
省エネ・安心安全・コスト削減の両立が可能な健康的な環境社会へ 日本システム企画の赤錆・赤水防止、配管更生装置であるNMRパイプテクターは、新技術であるNMR(核磁気共鳴)を利用し、赤錆を水に不溶性で不動態の黒錆に還元して配管の更生・強化が可能です。 従来の配管更新や、配管更生工事は不要になります。
ホーム配管防錆工法の比較製品情報よくある質問導入実績マンションへの導入資料請求

大規模修繕としての給水管における
従来の赤水対策方法各種より、
効果的な赤水対策方法

経年劣化した建物 給水管からの赤水と、これからの赤水予防について


従来の「赤水 対策」とは

  赤水 対策として給水管の「配管更生 工事」を行った故に、配管が劣化し、飲み水が汚染する可能性も

従来の給水管などへの赤水 対策は、主に “配管内を洗浄する”という赤水 対策の方法を行っていました。

次に、給水管へ赤水 対策の装置を取り付け、赤水の原因である赤錆を流して、赤水を一時的に止めようとしましたが、やはり完全な解決にはなりませんでした。

20年前から実施されている赤水 対策の方法としての給水管の配管更生は、サンドブラストで、砂を配管内に入れて、空気による高圧・高速で赤錆をそぎ落として流し、その後、エポキシ樹脂(2液反応型)を給水管内に流し込んでコーティングし、赤錆を防ぐ、ライニング工法です。

この赤水 対策の方法は、
給水管内の赤錆を削る為、給水管の劣化をもたらすと同時に、施工後5年以上経過すると、赤錆劣化が再発するケースが大半で、その後必ず給水管の配管更新(または配管更生の工事)を改めて行う必要がありました。


※給水管の「配管更生 工事」によって赤錆を流出させるような工法の赤水 対策を行うと、赤錆による減肉の為、「配管更生 工事」の前より配管は劣化し強度は非常に弱くなります。


また、「
配管更生工事」で「エポキシライニング工法」の場合、エポキシ樹脂の主成分である「ビスフェノール類」が給水管内を流れる水中へ溶出し、水質の悪化と衛生的問題が生じています。

赤水 対策として配管更生の工事を行った故に、給水管内に流れる飲み水が汚染されていた可能性もあったということです。

赤水対策の決定打

国土交通省認定の財団法人マンション管理センター発行の「マンション管理センター通信」中で、給水管の赤水対策として、赤錆を不溶性で不動態の黒錆(マグネタイト)に還元させる「NMR工法装置(配管更生の装置):NMRパイプテクター」が赤水 対策の新技術として記載されています。
今や、水質の安全性から赤水対策として日本を含め、世界中の数多くの有名病院※が配管更生の装置『NMRパイプテクター』を導入しています。

※例)聖トーマス病院、ウィッティントン病院、アッデンブルックス病院、日本赤十字社、東京共済病院など、著名で大規模の病院が多数、配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を導入しております


給水管の取替え工事不要で修繕費大幅削減、これで大規模修繕ができる、方法についての資料請求はこちらへ
マンション管理組合の理事会で同席させていただき、
ご説明、ご提案することもできます。ご相談ください。

よくあるご質問製品情報適用箇所(設置場所)配管適合サイズ
赤水対策、配管更生『NMRパイプテクター®』資料請求フォ-ムはこちら

 ▲ topへ戻る

従来の「赤水 対策」では解決できない問題点

錆びないはずの配管材質から赤水が発生している物件への赤水対策

“配管の錆から来るもの”または、“従来の「赤水 対策」としての配管更生の工法”などは前項目でご説明しましたが、配管が錆ない材質である、「塩化ビニル(PVC)」、「銅管」など本来であるならば「配管更生 工事」など必要ない材質を使用しているにもかかわらず、赤水 問題が発生しているケースが多く、最近はよく「赤水 対策」についてのお問合せをいただきます。

実例として、家庭用給水管にて一般的には、「赤水 対策」の必要が無いとされている「塩化ビニル管(PVC管)」などのプラスチック給水管を使用していることから「赤水が発生しない」と安心していたのにもかかわらず、 現実には給水管から「赤水が出る」ことが全国的に発生しており、「赤水 対策」が重要視されています。

錆びない材質からでも赤水が発生する理由としては、20年以上経過した長い年月、“給水の原水”に含まれる微量の鉄分(給水溶出の水質基準03mg/l 以下の問題ない範囲)が給水管 中に沈殿・付着し、それが酸化した赤錆の皮膜となって塩化ビニル管(VLP管)の内面を、赤錆でコーティングしたような状態になる為です。
2~3日家(またはホテルなどの部屋)を開け、帰宅してこの「給水管内を赤錆でコーティングしたような状態」から水を使用すると赤水が出て来ると言うこととなり、「赤水 対策」が必要とされています。

本問題を改善するには、「赤水 対策」に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を各住居の量水器の内側に設置する「赤水 対策」によって、問題を解決することが可能となります。

各住居の給水管の配管径は20A~30Aとなりますので、それに対応する「赤水 対策」に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』装置は、PT-20DS、もしくはPT-30DS(公表価格PT-20DS:¥380,000、PT-30DS:¥560,000)。

「赤水 対策」に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』の「赤水 対策」の効果により、“給水の原水”から来る「赤水 問題」(配管がさびない材質でも赤水は発生する問題)は解決します。




給水管の取替え工事不要で修繕費大幅削減、これで大規模修繕ができる、方法についての資料請求はこちらへ
マンション管理組合の理事会で同席させていただき、
ご説明、ご提案することもできます。ご相談ください。

よくあるご質問製品情報適用箇所(設置場所)配管適合サイズ
赤水対策、配管更生『NMRパイプテクター®』資料請求フォ-ムはこちら

   ▲ topへ戻る

今後の理想的な「赤水 対策」、解決方法

循環系の給湯配管からの赤水を防止する最新の「赤水 対策」

本来ならば「配管更生 工事」などの「赤水 対策」の必要はないとされている材質である「銅管」や、「ステンレス管」、「プラスチック管(塩化ビニル)」を使用していたとしても、循環系給湯配管に「赤水 問題」が発生するなどの報告が度々上がり、「配管更生 工事」などの「赤水 対策」の必要性が重要視されています。
これらは本来、配管に赤錆による赤水が発生しないはずで、赤水対策などの「配管更生の工事」の必要のない材質ですが、ホテルで「赤水でお風呂が入れない」などの苦情が多発しているとの情報もよく受けます。
そのような「銅管」や、「ステンレス管」、「プラスチック管」の材質でも「配管更生」等の「赤水 対策」が必要となるのです。

「配管の更新」や、「配管更生 工事」などの適切な「赤水 対策」を施していない築20年以上の給湯管で、例えばバルブなどに1ヶ所でも赤錆が発生していると、その赤錆が溶出した赤水が循環系の配管内を回って、「銅管」や「ステンレス管」、「プラスチック管」内に赤錆の皮膜を作ります。
ホテルなどで給湯の湯を1日~2日間空室後に使用の為を開けてから、お湯を出すとその赤錆の皮膜より赤水が出て来るということからの問題です。

そのような場合には、適切な配管更生などの「赤水 対策」が必要となります。

このように早急な「赤水 対策」が必要な場合の問題であっても、「赤水 対策」に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を冷還系統の本管に設置する「赤水 対策」(配管更生の方法)で完全に赤水を解消し、解決することができます。


※配管更生の装置『NMRパイプテクター®』について
建物の配管材質で「錆びない配管からなぜか赤水が出る」などの「赤水 問題」でお困りのビルオーナー様、ホテル設備管理様はお問い合わせ下さい。
薬剤を使用せず、メンテナンス不要で、赤水対策に最適な「配管更生」の装置『NMRパイプテクター®』の機能をご説明いたします。


給水管の赤錆を防止すると赤水は解消
給水管(ビニールライニング鋼管)は建物延命まで40年以上延命できる
 ▲ topへ戻る
 

配管更生の装置『NMRパイプテクター®』は、配管内の赤錆を水に不溶性の黒錆に還元して配管内の腐食を防止させる、唯一の安心で安全できる「赤水 対策」の方法です。



NMR工法による「赤水 対策」実証例

下記5件は、「赤水 対策」の為に配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を導入して赤水が解消し、「赤水 対策」の目的が達成した建物実証例です。

日本赤十字社
医療センター
築24年の病院で、新生児室の給水管より鉄分値の高い赤水が発生していたので赤水対策が必要となり、赤水対策に効果的である配管更生の装置『NMRパイプテクター®』が採用されました。 給水管への設置前の朝一番の水質鉄分値2.0mg/l が、設置6週間後で鉄分値0.27mg/l と、完全に赤水が解消され赤水対策としての効果が実証されました。
ホテル東山閣 本物件は築42年の建物で、過去10回頻繁にリニューアルを行い、その都度劣化した配管の更新を行っておりましたが、未更新部の腐食劣化による深刻な赤水が発生しておりました。
水質検査によると、鉄分値4.3mg/lと濃い赤水が発生しており、赤水対策として給湯管の従来の配管更新工事と比べて10分の1以下の価格で配管腐食防止延命が可能である赤水対策に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を採用。給水管への設置4週間後の水質検査結果では、鉄分値1.6mg/lと減少し、以後8週間後の水質検査結果では鉄分値0.27mg/lと赤水が完全に解消。赤錆の黒錆化で赤錆の水中への溶出も止まり赤水の解消を実現しました。
川西市
久代小学校
築29年の小学校の給水管で、朝一番の水で赤水が発生していた為、赤水対策として、赤水対策に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター』を採用。 
設置前の給水管内の水質鉄分値0.3mg/l が、設置6週間後で鉄分値0.01mg/l と、完全に赤水が解消し、赤水対策として効果が実証されたことを確認しました。
また、内視鏡調査の赤錆閉塞率が、1年3ヵ月後には10%以上も縮小改善したことを確認しました。
大手DPE工場 本物件は築42年の建物で、設置前の給水管の水質検査では、朝一番の水中の鉄分値0.5mg/l、色度15度の赤水が発生しておりましたが、DPE工場のため、赤錆を流出させるたぐいの装置の設置や、配管更新工事は実施できませんでした。赤水を流出させない方法での赤水対策を目的に更新工事の1/10以下の費用で出来る配管更生装置で赤水対策に最適な配管更生の装置の『NMRパイプテクター®』を築後35年経過時に採用いただきました。
設置6日後の給水管内の水質検査で、鉄分値0.05mg/l未満と検出限界値以下まで減少し、色度2度と赤水も完全に解消。
以後設置88ヶ月後の築42年後においても水中の鉄分値は0.003mg/l 以下と亜鉛めっき鋼管(SGP)使用の給水管 系統であるにもかかわらず、赤水問題、漏水問題は皆無で、赤錆の黒錆化による完全な赤水対策と、配管更生が立証されました。
芝柏大厦 本物件は、台湾にある築23年の建物で、老朽化した給水管より赤水が発生しており、赤水対策として配管更生を検討されておりました。事前に計測した給水管内からの水質検査では鉄分値3.9㎎/l と深刻な赤水が発生していました。 その為、赤水対策として部分的に給水管を交換し対策を施していましたが、給水管の更新が難しい部分もあり、従来の配管更新工事と比べ価格も5分の1以下で配管更生を行う赤水対策に最適な配管更生の装置『NMRパイプテクター®』を採用いただきました。
設置5週間後の給水管内の水質検査結果では、鉄分値0.2㎎/l まで減少し、赤水対策としての効果が実証されました。
 

給水管の取替え工事不要で修繕費大幅削減、これで大規模修繕ができる、方法についての資料請求はこちらへ
マンション管理組合の理事会で同席させていただき、
ご説明、ご提案することもできます。ご相談ください。

よくあるご質問製品情報適用箇所(設置場所)配管適合サイズ
赤水対策、配管更生『NMRパイプテクター®』資料請求フォ-ムはこちら

『NMRパイプテクター®』は、日本、欧州(EU)各国、韓国にて特許取得済み、
アジア太平洋防錆学会」、「(社)日本防錆技術協会」に対して論文も発表し、評価を得ています。
  • 日本特許:第3952477号
  • EU特許:No.1634642
  • 韓国特許:第436113号
  • 香港特許:No.HK1087963
  • 米国特許取得:No.7622038
  • 第13回アジア太平洋防錆学会 国際会議での論文
  • (社)日本防錆技術協会へNMR工法の論文
『NMRパイプテクター®』を使用することによる各種効果
 
参照

 


※詳細な事例、海外導入事例、
新聞・雑誌等の取材記事などが掲載されたパンフレットをご希望の方は、
こらちからお問合せください。

配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく

お問い合わせは、お電話でも承ります。お気軽にご連絡くださいませ。(フリーダイヤル)0120-320-390 営業時間:月~金 9:00~17:30※対応は月曜日から金曜日の営業時間内にさせて頂きます。


よくあるご質問『NMRパイプテクター®』製品情報導入までの流れ

『NMRパイプテクター®』は、日本、欧州(EU)各国、韓国にて特許取得済み、
アジア太平洋防錆学会」、「(社)日本防錆技術協会」に対して論文も発表し、評価を得ています。
  • 日本特許:第3952477号
  • EU特許:No.1634642
  • 韓国特許:第436113号
  • 香港特許:No.HK1087963
  • 米国特許取得:No.7622038
  • 第13回アジア太平洋防錆学会 国際会議での論文
  • (社)日本防錆技術協会へNMR工法の論文
現在イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが唯一、防錆装置として販売を許可されております。
イギリスでは『NMRパイプテクター®』だけが配管内赤錆防止装置として採用されております。
理由としては、イギリスでは効果のない装置販売には、詐欺罪が適用される為です。
イギリスは、日本以上に建物の老朽化で赤錆を止められずに難航・困窮しておりますが、過去10年間において防錆装置の販売がありません。
   ▲ topへ戻る


配管更生法の比較Q&Aサイトマップ資料請求お問合せお知らせ会社概要個人情報保護利用条件相互リンク誹謗中傷について
マンションの給水管赤錆・赤水対策に 比較してください。マンションの大規模修繕で、給水管更新工事は今後建物寿命まで不要に
設備設計・建設関係者へ 空調配管、給水管を建築資材高騰・高額なステンレス管が不用で耐食配管に
病院経営に朗報。空調配管、給水管、給湯管取替え不要で病院の設備費用削減に

NMRパイプテクター®各種効果配管の防錆と延命について水道管内の赤錆劣化はNMRパイプテクター®により完全防止、水道管は40年以上延命可能にマンション修繕工事(給水管更新)の費用が大幅に削減できる方法とは配管洗浄が不要に。給水管や排水管の配管洗浄を装置で解決水道配管の赤錆・赤水防止マンションの給水管修繕について給水管内に発生する赤錆とぬめりを完全に防止する建物内の配水管は赤錆により劣化。NMRパイプテクター®で配水管内の赤錆は完全に防止配管設計で大幅コストダウン出来ます配管設備を100年以上延命の革新的新技術NMRパイプテクター®配管設計にて大幅にコストダウンが可能です従来の配管更生工事に伴う問題給水管における従来の赤水対策方法各種より、効果的な赤水対策方法劣化した給水管から流れ出る赤水の問題配管の腐食防止について従来の配管更生工事とは従来の配管更生方法に比べ、効果的な配管更生方法とは赤水は給水管の赤錆が原因で発生。給水管の赤錆を防止すると赤水は解消する建物内の水配管は、建物寿命まで条件次第で100年でも延命できる配管工事を不必要とするNMRパイプテクター殆どのマンションコンサルタントも知らない?マンション大規模修繕の費用が大幅に削減できる方法とは安全性に関する参照リンクリンクモスト
    Copyright (C) 2008 日本システム企画(株)All Rights Reserved.