水和電子に関する論文概要

本ページにはアドビシステムズ社のAdobe Acrobatで作成されているファイルがあり、ご覧頂くにはAdobe Acrobat Readerが必要になります。左記バナーからダウンロードしてください。

下記アンダーラインで書いてある内容は、水の凝集が64個以上あれば水和電子は安定的に内側に存在し、(水が運動していても放電現象はおきない)、水の凝集が32個以下であれば水和電子は安定的に水の凝集の外側に存在するため、水が運動することによって水和電子の放電がしやすいことが述べられている。

文献名:「Observation of large Water-Cluster Anions with Surface-BoundExcess Electrons.」 SCIENCE vol307(2005.01.07)
著者:J.R.R. Verlet,A.E.Bragg,A.Kannrath,o.Cheshovsky,D.M.Newmark

水の凝集が64個以上あれば水和電子は安定的に内側に存在し、(水が運動していても放電現象はおきない)、水の凝集が32個以下であれば水和電子は安定的に水の凝集の外側に存在するため、水が運動することによって水和電子の放電がしやすいことが述べられている 文献名:「Observation of large Water-Cluster Anions with Surface-BoundExcess Electrons.」 SCIENCE vol307(2005.01.07) 著者:J.R.R. Verlet,A.E.Bragg,A.Kannrath,o.Cheshovsky,D.M.Newmark</FONT>
※クリックするとPDF出力

配管更生装置「NMRパイプテクター」について更に詳しく

お問い合わせは、お電話でも承ります。お気軽にご連絡くださいませ。(フリーダイヤル)0120-320-390 営業時間:月〜金 9:00〜17:30※対応は月曜日から金曜日の営業時間内にさせて頂きます。


よくあるご質問『NMRパイプテクター®』製品情報導入までの流れ

『NMRパイプテクター®』は、日本、欧州(EU)各国、韓国にて特許取得済み、
アジア太平洋防錆学会」、「(社)日本防錆技術協会」に対して論文も発表し、評価を得ています。
  • 日本特許:第3952477号
  • EU特許:No.1634642
  • 韓国特許:第436113号
  • 香港特許:No.HK1087963
  • 米国特許申請中
  • 第13回アジア太平洋防錆学会 国際会議での論文
  • (社)日本防錆技術協会へNMR工法の論文


ホーム個人情報保護利用条件誹謗中傷について
マンション給水管の修繕費削減や、赤水対策 に