ホーム資料請求配管延命比較NMR工法とはQ&A導入実績販売店検索

「NMRパイプテクター」誹謗中傷に対する反論書

ネット上での弊社「日本システム企画株式会社」、
及び「NMRパイプテクター」 への誹謗中傷に対する反論は
下記の通りとなります。

平成30 年7 月10 日
日本システム企画株式会社

1. 「NMRパイプテクター」は給水管・空調配管内の赤錆を防止し、且つ赤 錆を黒錆に変え配管寿命を延命させる装置です。
この関係する学問は、無機化学の分野で鉄の酸化還元に関する学問分野で あり、「NMRパイプテクター」は腐食防食の学会で2件論文が受理・発表 されています。

2. 大学の研究者・学者においては、自分の専門分野について意見を述べる事 はあっても、自分の専門分野以外の事に関し意見を述べる事は基本的に行 わないのが常識です。

現在、ネット上で誹謗中傷を行っている主な人物の専門は、現代社会学部、 統計学、計算機械学、分子分光学、色素分子、情報教育などで無機化学の 金属(鉄)の酸化還元の学域と異なるので、専門家とは言えません。
また、核磁気共鳴学会とは無関係で核磁気共鳴(NMR)と核磁気共鳴画像 装置(MRI)を混同し、NMR が地球磁場程度の弱い磁場でも起きる現象 (2009 年九州大学で開催された日本核磁気共鳴学会で大阪大学の研究グル ープが論文発表)にもかかわらず、MRI に使用されている様な2〜3万ガ ウスの強磁場が必要と誤った意見を主張し、「NMRパイプテクター」を誹 謗中傷しています。
同様に、MRI に使用されているマイクロ波のみがNMR を起こすのに必要 と主張している事も誤りです。

以上


  • 水中の自由電子(水和電子)で電気防食を行う世界で唯一の装置『NMR工法』 『NMR工法』は、磁気装置ではありません
  • 『NMRパイプテクター®』は、イギリスで唯一の配管内防錆装置として普及(イギリスでは効果の無い製品を販売することはできません)しております。

  • 『NMRパイプテクター®』は、国土交通省 新技術活用システムNETIS(ネティス)に登録実績のある技術です。
    ※現在はNETISプラスへ情報を移行しています(登録No.AC-160003-P)
  • 『NMRパイプテクター®』は下記特許を取得しております
    • 日本特許取得(第3952477号)
    • EU特許取得(No.1634642)
    • 香港特許(No.HK1087963)
    • 米国特許取得(No.7622038)
  • 大阪大学で行われた「アジア太平洋防錆国際会議」、「(社)日本防錆技術協会」にて『NMR』(『NMRパイプテクター®』)を利用した防錆技術の論文が受理・発表され、評価を得ています

専門外の学者による誹謗・中傷は、社会的損失を発生させています。

「NMRパイプテクター」に対する不正な誹謗中傷

“「日鋼団地を守る会」からのお知らせ”の誤りについて

「NMRパイプテクター」誹謗中傷に対する反論書

過去14年以上のストーカー的誹謗中傷行為について

「NMRパイプテクター」への誹謗中傷で配管更新を実施
住民の方に多大なる費用負担をさせる被害が多発

配管更生法の比較Q&Aサイトマップ資料請求お問合せお知らせ会社概要個人情報保護利用条件相互リンク誹謗中傷について
マンションの給水管赤錆・赤水対策に 比較してください。マンションの大規模修繕で、給水管更新工事は今後建物寿命まで不要に
設備設計・建設関係者へ 空調配管、給水管を建築資材高騰・高額なステンレス管が不用で耐食配管に
病院経営に朗報。空調配管、給水管、給湯管取替え不要で病院の設備費用削減に