ホーム配管防錆工法の比較製品情報よくある質問導入実績マンションへの導入資料請求


『NMRパイプテクター®』詐欺批判について

2003年より当社製品「NMRパイプテクター®」に対する根拠がない不当な誹謗中傷が続いており、営業妨害が行われております。

「NMRパイプテクター」の社会的評価と防錆効果について

平成25年3月1日
日本システム企画株式会社

1.(論文発表)

(1)腐食防食の専門学会であるアジア太平洋防錆国際会議において給水管内の防錆装置として世界で初めてNMRパイプテクターに関する論文を発表しました。(2003年大阪大学で開催)

(2)防錆技術の向上とその普及を目的とする経済産業省の唯一の認可法人である日本防錆技術協会の機関誌にNMRパイプテクターに関する論文を 発表しました。(2005年7月「防錆管理」)


2.(基本原理)

(1) 水和電子を水分子の凝集の外側に移動させる NMRパイプテクターから発生する特定の電磁波により、管内の水分子に共鳴現象を起こさせ、水の凝集を小さくし水和電子を凝集の外側に移動させます。
この共鳴状態は6時間以上持続します。
水の凝集が小さくなると水和電子が凝集の外側に移動する事は、2005年発行の学術誌「SCIENCE」に発表されたカリフォルニア大学バーレット博士の論文でも裏付けられています。

(2) 凝集の小さい状態(水和電子が外側に位置)を運動させ水和電子を剥離 放電させる
雨(液体)より小さい凝集の雲(水和電子が外側にある)が激しく運動すると水和電子の放出(雷)が発生するのと同様に、凝集の小さい状態で圧送ポンプ等のエネルギーで水を運動させると水和電子が剥離放電され鉄の酸化を防ぐとともに、赤錆を還元し黒錆化します。
(黒錆分析を行った全ての対象物件で赤錆の黒錆化を検証しています)


3.(国の推奨)

NMRパイプテクターは国土交通省の審査を経て新技術活用システム(NETIS)に登録されるとともに、文部科学省所管の公益法人が発行する季刊誌「文教施設」においても紹介され、国立大学等への施設整備に推奨されています。


4.(設置実績)

NMRパイプテクターは1996年に開発されましたが、それ以来現在まで国内外の大型建物だけで3,000棟、一戸建てなど小規模な建物までを含めると11,000棟に及ぶ設置実績があり、それぞれ問題なく防錆効果を発揮しています。


5.(業界唯一の効果保証)

NMRパイプテクターを設置し、またはこれから設置しようとする建物について、すべて防錆効果の確認を行い、効果が確認できない場合には代金をお返しし現状復帰するという契約となっており、万一の場合でも安心して導入いただけます。

以上

参考ページ
営業妨害について
不正な誹謗中傷専門外の学者による誹謗・中傷


お問合せはこちらのページへ>
ページtop>



配管更生法の比較Q&Aサイトマップ資料請求お問合せお知らせ会社概要個人情報保護利用条件相互リンク誹謗中傷について
マンションの給水管赤錆・赤水対策に 比較してください。マンションの大規模修繕で、給水管更新工事は今後建物寿命まで不要に
設備設計・建設関係者へ 空調配管、給水管を建築資材高騰・高額なステンレス管が不用で耐食配管に
病院経営に朗報。空調配管、給水管、給湯管取替え不要で病院の設備費用削減に

NMRパイプテクター®各種効果配管の防錆と延命について水道管内の赤錆劣化はNMRパイプテクター®により完全防止、水道管は40年以上延命可能にマンション修繕工事(給水管更新)の費用が大幅に削減できる方法とは配管洗浄が不要に。給水管や排水管の配管洗浄を装置で解決水道配管の赤錆・赤水防止マンションの給水管修繕について給水管内に発生する赤錆とぬめりを完全に防止する建物内の配水管は赤錆により劣化。NMRパイプテクター®で配水管内の赤錆は完全に防止配管設計で大幅コストダウン出来ます配管設備を100年以上延命の革新的新技術NMRパイプテクター®配管設計にて大幅にコストダウンが可能です従来の配管更生工事に伴う問題給水管における従来の赤水対策方法各種より、効果的な赤水対策方法劣化した給水管から流れ出る赤水の問題配管の腐食防止について従来の配管更生工事とは従来の配管更生方法に比べ、効果的な配管更生方法とは赤水は給水管の赤錆が原因で発生。給水管の赤錆を防止すると赤水は解消する建物内の水配管は、建物寿命まで条件次第で100年でも延命できる配管工事を不必要とするNMRパイプテクター殆どのマンションコンサルタントも知らない?マンション大規模修繕の費用が大幅に削減できる方法とは安全性に関する参照リンクリンクモスト