世界で初めて小型装置で人体に非接触、薬剤を使用せず
副作用無しで血中の酸化ストレスを抑制する技術(装置)を開発

血中の酸化作用抑制の研究成果発表

 

2010年7月17日~23日にデンマーク・コペンハーゲンにて開催された第16回世界臨床薬理学学会の年次総会【World Pharma2010 (16th World Congress of Basic And Clinical Pharmacology)】で、血中の酸化抑制をさせる技術(装置)の研究成果の発表を行いました。
成果発表は当社 代表取締役社長 熊野活行と、奥羽大学薬学部 山本教授らが共同で行いました。

はじめに第16回世界臨床薬理学学会年次総会プログラム研究の概要
『NMRパイプテクター®』について熊野活行 経歴
世界臨床薬理学学会について本件に関するお問い合わせ先

 


ご存知のように体内の細胞が酸化する作用によって老化が始まり、またその酸化によって、様々な病気疾患(癌、脳卒中、心筋梗塞、動脈硬化、糖尿病、痴呆等)が発症すると考えられています。
その根本的な原因となる血液中の酸化作用を薬など使用せずに副作用を起こさず抑制する技術を、日本システム企画(株)が奥羽大学薬学部と共同で開発しました。
本技術は、日本システム企画(株)が建物内の給水管や空調冷温水管内の赤錆を防止する核磁気共鳴を利用した商品名「NMRパイプテクター®」を応用したもので、医学・薬学的に実証試験を奥羽大学 薬学部 山本正雅教授らとの共同で行い実証しました。

その実証の研究成果が2010年7月22日にデンマーク コペンハーゲンで開催された第16回世界臨床薬理学学会年次総会(World Pharma2010)で受理され、発表されました。

研究は、当社代表取締役社長である熊野活行と、奥羽大学薬学部 山本正雅教授ら他2名の教授との共同発表。

(下図:第16回世界臨床薬理学学会年次総会プログラム表紙、抜粋:クリックでPDF)

▲ topへ戻る
世界臨床薬理学学会プログラム抜粋
第16回世界臨床薬理学学会年次総会プログラム表紙 プログラム掲載ページ抜粋
▲ topへ戻る
研究の概要
体内の酸化ストレスは蓄積することにより、老化や癌、動脈硬化、高血圧、糖尿病、不眠症や脳卒中などの疾病を引き起こします。
その為、できるだけ血中の酸化ストレスを減らすことが望まれています。
この度当社、日本システム企画(株)と奥羽大学薬学部が開発したYubi-MR※1は、特殊な電磁波を指に照射することによって血中の酸化ストレスを抑制する装置です。
この装置は、多くの建物に使われている赤錆防止装置『NMRパイプテクター®』と同じ原理であり、水中からの電子を取り出す事で、その還元性を発揮するものです。
この装置から放出される特殊な電磁波を10分間指に照射し酸化ストレス(d-ROM)値を調べたところ、酸化ストレス値を減少させることに成功しました。
マウスを使った動物実験においても、この装置から放出される特殊な電磁波の照射によってマウスの活動時間の減少を確認することができました。
このYubi-MRは酸化ストレスを減少させるものであり、医療の現場においても酸化ストレスが原因の疾病の治療の効果が期待できるものです。
※1Yubi-MR:(ユビ・エムアール)本実験装置(共鳴装置)の名称
▲ topへ戻る

『NMRパイプテクター®』について
建物の給水管と空調冷温水管等は基本材質に鉄を使用する為、全体域は継手部が赤錆により劣化する。
それ故、全ての建物内の配管は20~30年で配管を交換する必要が生じるが、『NMRパイプテクター®』を使用すると配管内の酸化劣化をほぼ完全に抑制できるので、建物寿命まで配管の寿命を延長できるのでその更新は不要となります。
詳細はこちら

熊野 活行 経歴
日本システム企画(株)代表取締役社長 熊野 活行昭和47年東京理科大学工学部工業化学科卒。 昭和47年大日本印刷株式会社入社。 昭和63年日本システム企画株式会社を設立。代表取締役社長に就任。 同年日本ヘルス食品株式会社(現日本ヘルスケア株式会社前身)を設立。代表取締役社長に就任。 平成5年 日本モンゴル友好交流協会を設立。会長に就任。平成14年 日本ミャンマー友好交流協会を設立。会長に就任。同年NMR株式会社を設立。代表取締役社長に就任。 平成16年 東京大江戸ライオンズクラブを設立。会長に就任。平成8年モンゴル国国際経済商科大学共同設立(創立者)、名誉教授、名誉博士。(社)腐食防食協会、(社)空気調和・衛生工学会、日本マンション学会。日本核磁気共鳴学会、電子スピンサイエンス学会所属。
※知的財産、研究実績、取材履歴一覧
世界臨床薬理学学会World Pharma (World Congress of Basic And Clinical Pharmacology) について
世界最大級の国際臨床薬理学学会総会。第1回目は1961年スウェーデン・ストックホルムで開催、歴史ある臨床薬理学総会。4年ごとに世界各国で開催、第8回(1981年)には日本(東京)で行われた。世界中の臨床医や、薬学におけるトップレベルの研究者が開催地に集い、研究成果、最新の技術薬理学を当総会で発表を行われる。当総会で発表された論文の中にはWHO(世界保健機関:World Health Organization)における指針や基準を形作る研究論文もある等、世界各国の医学・薬理学研究者、医薬品開発分野における最新情報の発信元として製薬企業らの関心も高い。WHOとの協力体制にある組織、IUPHAR (国際薬理学連合会:International Union of Basic and Clinical Pharmacology)が主催し、Danish Society for Pharmacology と、the British Pharmacological Society によって開催される。
▲ topへ戻る

本件に関するお問い合わせ先
取材依頼はこちらのフォームよりご連絡ください
 | 日本システム企画(株)ホーム | 
 会社概要個人情報保護お問合せ利用条件
    Copyright (C) 2008 日本システム企画(株)All Rights Reserved.